幼稚園からのお知らせ

すきなものみつけ(年長組)

2022.04.25

4月20日(水)年長組のこどもたちが加納城址公園に出掛けました。

とても暖かくいいお天気。青いお空に緑の木々がみんなを出迎えてくれました。おともだちと手をつないで歩いていくよ。どんどん行こう。ピンク色の綺麗なつつじの花が咲き始めていましたよ。まきこ先生と遠くへ行かないこと、蜂やムカデ、背中が赤いありやくもには絶対触らないことを約束して、いよいよ好きなことみつけスタート!いっせいに駆け出したわかばっこ探検隊。きれいなつつじのお花のトンネルをくぐっていきましたよ。わくわくしながら、つるやはっぱをかき分けて・・・

トンネルを抜けると、思わず駆け出しました。そんなに急いでどこ行くの?向かった先はたんぽぽのお花畑が広がっていました。駆け回るこどもたち。白い綿毛を見つけるとふーっと息を吹きかけました。 たんぽぽのお花と綿毛みーつけた!

「まきこ先生にお花のプレゼント」「どうもありがとう!」

坂道に挑戦。手も足も頭も腹筋も背筋もフル回転。

その調子!頑張って!

「あと少し、がんばって!」「先生見てみて!」「なになに?」「だんごむし見つけたよ!」「私もだんごむし見つけたよ!」たんぽぽも笑顔もとってもすてき!「虫いないかな?」と枯れ葉のお布団のめくっていくよ。「だんごむし、いたいた!捕まえようとしても手をどんどんつたっていくよ。」「手首の方まで来ちゃったよ。」その様子をじっと見守るこどもたち。落っこちないか心配だね。

長い木の根っこを見つけたよ!「みんなで引っこ抜こう!」と綱引きが始まったよ。「ぼくもやる!」とたくさん集まって来ましたよ。
「うんとこしょどっこいしょ!」「木の上気持ちいいよ!」

「せっかく登れたのに、靴が脱げちゃったよ。」

登ったり、ぶら下がったり、みんなの憩いの場になりました。枯れ葉をのけたら、何かが出てきたよ。「ジャガイモみたいな石を見つけたよ。」「どんぐり見つけたよ!」

「まつぼっくりを見つけたよ!」

つま先でブレーキをかけながら慎重に坂道を降りていくよ。「この坂降りれるかなぁ。」やってみようかな、どうしようかな。おしりを着いてずりずり降りていたかと思えば、いきなりすくっと立ってジャーンプ!びっくりしたよ。この高さなら降りられるって判断したんだね。

「ねえねえ、やすこ先生。たくさんたんぽぽ見つけたよ。」発見したことを先生に早く伝えたくてうずうずしていたね。やっとお話しできてよかったね。りえ先生も、あやか先生も宝物を見つけたよ!とみんなに披露していたね。たんぽぽの冠を頭に載せてお姫様のあやか先生。「あれは、モミジだよ。春はこんなにきれいな黄緑色しているんだね。」

自分で見つけたたからものを手に、満足感いっぱいのお顔で幼稚園に帰っていきました。

「もっと遊びたかった。」「お花をたくさん見つけたことが楽しかったよ。」「だんごむしを見つけれてうれしかった!」「木登りがおもしろかったよ。」「また来ようね。」とこどもたちの笑顔でお話してくれました。

こうするんだよと指示されるのではなく、自分たちで考えて好きなところを探検し、体も心もたくましい姿が見られました。

これからもこうしたどきどきわくわく体験をたくさん積んでいこうね。