ぴー・かー・ぷー

2019年12月25日

12月のぴーかぶークラブ

元気な歌で始まった朝の会。返事もまっすぐに手を挙げて元気よく出来ました。

           

           


紙芝居はいろいろな動物のしっぽや耳を見て「これだーれ?」と当てるお話しでしたが、「うさぎ!!」「りす!!」ととても大きな声で教えてくれたね。





今回のぴーかぶーでは、幼稚園に入ってから使う「のり下じき」を作りました。四角や三角の紙を組み合わせて形を作ったり、たくさんのパーツの中から好きなキャラクターをさがして貼って自分だけののり下敷きにしました。初めて「のり下じきの上でのりを付け、台紙に移して貼る」という作業でしたが、どの子も真剣で根気よく、そして楽しそうにたくさん貼ってすてきな作品になりました。幼稚園で使うのが楽しみですね。