ぴー・かー・ぷー

2019年03月18日

4回目 たまごクラブ

4回目のたまごクラブは、幼稚園のアートタイムで絵や工作を指導して頂いている佐藤先生と一緒に過ごしました。
 花紙を1枚手に持って、口でふーっと吹き、お母さんといないいないばあをしました。ちゅうのお口で一生懸命ふくみんなの顔、とてもかわいかったです。

 次は上からひらひら落ちてくる紙を両手でキャッチ。あっちこっちに動く紙を目で見ながら、追いかけて、上手にとれるととても嬉しそうなみんなでした。
遊んだ花紙をビリビリして、ふわっと飛ばすと花吹雪のよう。じゅうたんの上はお花畑のようになりました。そこから集めた紙を白い紙に付けて出来た冠やベルトをすると、みんなは春の妖精さんに大変身です。
まほうのステッキを作って「えいっ!」とまほうをかけて遊んだり、最後は佐藤先生とまほうのステッキを一緒にふって元気にさようならの挨拶をしました。その後も冠をかぶってあそんでいる子、「ママ、ステッキある?」と心配そうに聞いている子もいて、とても気に入ってくれた様子でした。




  

  

          

         


いよいよ4月からはぴーかぶーくらぶがスタートします。また元気なみんなに会えるのを楽しみにしていますね。